この記事を読まれている人は、そろそろ幼稚園を決めなきゃ・・・と思っているかもしれませんね。

お受験幼稚園もあり、決めるのは早いに越したことはありません。そして面接には、子供だけではなく親も準備が必要だということも忘れてはいけない事実です。

そんなとき気になってくる服装です。

その中から今回は、バッグやストッキング、靴などの小物についてみていきましょう。

スポンサーリンク

ストッキングはナチュラルカラーが定番

-shared-img-thumb-YUKA863_korekore15202501_TP_V

ワンピースやスーツと主体になる服よりも難しいかもしれない、脇役たち。

まずはストッキングについて紹介します。ストッキングは服の色に合わせるのですが、だいたいスーツなどは濃紺が主流のようです。

それに伴い、ストッキングはダークカラーを合わせる人もいるそうですが、やはり王道の肌に近いナチュラルカラーが多いです。

ナチュラルカラーならば間違いはないですよね。やはり人肌の色ということで、悪い印象を持つ人はほとんどいないことが予想できます。

もちろんのこと、ワンポイントも含め柄入りは良くないです。また網タイツや厚手のタイツもNGです。

あくまで、面接は子供が合格するための場であり、母親がオシャレをする場ではないので、気をつけたほうが良いです。

オシャレよりも、自然さ、そして清潔感が大事ですよね。

靴は内履きまで手を抜かずに揃えよう

black-shoe-589195_640

足元でもう一つ気になるのは靴です。服装に合わせるので、一番多い色はです。

形状としては、5センチ前後のヒールがあるもので、装飾がないものが好まれます。あまりヒールが高すぎると、コツコツと音が響いてしまうので注意しましょう。

また、幼稚園によっては内履き持参のところもあります。面接は室内なので、こちらも注目されることになりますよね。

こちらも服装にあわせた色を用意します。そしてつま先が出ないものが良いでしょう。

今は内履きでもパンプス型のものが売っていたりしますので、あまり派手すぎず安っぽく見えないものを揃えると良いでしょう。

ここでも考え方としては、ストッキングを選ぶときの考えと同じですね。

スポンサーリンク

サブバッグも忘れずに用意しよう

面接と言っても持ち物もありますよね。そんな時に必要になってくるバッグ。

こちらはやはりを選ぶ人がほとんどのようです。

素材としては牛革やサテンのようなものが人気があります。

他の物と同じで、清楚で上品な雰囲気をだしてくれるものを選びましょう。

いくら高価だからといって、ブランド名がデカデカと書いてあるものなどはやめましょう

大きさは座った時に膝に収まるくらいが良いとされています。

持っているバッグがあまりにも目立ってしまう、主張してしまう…ことがなければ問題ありません。

そしてバッグで注意したいのが、サブバッグです。

ハンドバッグに入らないものの他にも持ち物はでてくると思います。そんな時に、適当なバッグを使うのではなく、キチッとしたものを用意しましょう。

ハンドバッグと色味を合わせ、重ねて持っても不自然ではないデザインを選びます。派手なプリントがしてあるものなどは避けましょう。

まとめ

今回はお受験幼稚園を中心にご紹介してみたのですが、お受験でなくてもキチッとしているお母さんが多いようです。

しかし中にはラフな幼稚園もあるので、情報収集から始めるのが良いですね。ただし、今回紹介したように清楚感や上品さは取り入れたいポイントです。

ストッキングはナチュラルカラー、靴や鞄は黒。こちらを守れば間違いでしょう。

お受験があるかないかは、スーツなどのランクで差をつけるのがいいかもしれませんね。