妊娠が分かると普段の生活にも気を使いますよね。食事や行動など、些細なことも大丈夫か心配になってしまう人もいると思います。

今回は色々ある中から、車の運転や移動について見ていきましょう。

スポンサーリンク

運転ってしてもいい?

ec19b6a51999c45bce92a0c2252bfc00_s

妊娠中の運転は躊躇う方も多いと思います。
妊婦検診でも親に運転してもらって来たという人も良く目にしました。

では実際には、運転にはどういった危険があるのでしょうか。

妊娠中はホルモンの関係で、妊娠前より眠気があったり、注意力が落ちたりします。

その状態が運転中に訪れると、事故に繋がる可能性が高くなります。事故になれば、母体はもちろんのこと赤ちゃんにも危険が及びます。

しかし車がなければ生活できないという地域も多いと思います。

できるだけ他の人に運転してもらえれば良いですが、自分で運転する時は体調と相談の上、いつも以上に注意を払いましょう。

運転しなければいいの?

帰省や旅行など、妊娠中でも長距離の移動をする人はいるかと思います。

運転しないから大丈夫と予定を立てるかもしれません。運転は注意力がおちてきてると述べましたが、運転しない時はほかのことに注意が必要です。

車での移動は振動があり、お腹や腰に響いてしまいます。それにより子宮収縮を起こす可能性もあります。

また振動により悪阻や吐き気を催す場合がありますので注意が必要です。

さらに妊娠中はエコノミー症候群になりやすいと言われています。

これは、長時間同じ姿勢でいることが原因で起こります。

2~3時間だから大丈夫と思わずに、1時間ごとに休憩をはさみながらの移動が良いでしょう。

そして、乗る席も気を付けてみましょう。
旦那さんと二人とかだと助手席に乗りがちですが、後部座席の方が横にもなれておススメです。

ただし安定期前の妊娠初期は、長時間の移動は避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

シートベルトってしなくていいの?

シートベルトはお腹が圧迫されて苦しかったりして、つけない人もいるかもしれません。

今の日本の法律でも、妊婦はつけなくてもよいことになっています。

しかしデーターとして、妊婦が事故にあった時にお母さんがシートベルトをつけていた方が、胎児の死亡率が少ないことが分かっています。

おなかの中の赤ちゃんが死亡する原因のトップは、母体の脂肪です。

お母さんがシートベルトをつけていれば、ハンドルやダッシュボードにぶつかる確率も、車外へ放り出される確率も減ります。

シートベルトの付け方を工夫して、お腹を圧迫しないようにしたりもできます。

また今は、マタニティ用のシートベルトも販売されているようなので、試してみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

赤ちゃんが生まれたらなかなか行けないからと、生まれる前に旅行をしたくなりますよね。

しかし、楽しみと引き換えに赤ちゃんに危険があってはなりません。

できる限り、車をはじめ乗り物での長時間の移動は避けたいですね。

どうしても必要な時は、体調をみて無理しないようにしましょう。休憩しすぎってくらいに、休憩をとってもいいかもしれません。

また心配な時は、医師に相談して判断を仰ぐのも良いと思います。飛行機は医師の許可がないと乗れないこともあります。

車でも渋滞にハマってしまった時に、トラブルがあっては困ります。

自分の体を見極めて、うまく妊婦生活に車を取り入れていきましょう。