赤ちゃんが生まれると生活が変わり、今までしなかった散歩をするようになったという人も多いでしょう。

日中はもちろんのこと、夜泣きのために夜にも散歩することもあると思います。そして夏の暑いときにも散歩をすることもあるでしょう。

また、赤ちゃんとの外出は少しでも持ち物が必要ですよね。一人の時では考えられないくらい、荷物が増えることもあります。

今回はそんな散歩や外出にかんすることから、時間帯と持ち物について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

紫外線に注意!

190dd431b1a319057e2f5de7a571a87b_s

暖かくなってきて、外にいきたくなる日も増えてきました。

これから夏になると、ますます暑い日が続きます。暑さだけではなけ、紫外線も強くなってきますね。

一日の中で紫外線が最も強い時間帯は、11時~14時ごろです。

紫外線は大人だけではなく、もちろん赤ちゃんにも良いものではありません。

夏は特に紫外線が強いので、散歩は早朝や夕方などの比較的涼しい時間帯に行くようにしましょう。

また紫外線の対策として、帽子はかぶせるようにしましょう。それにプラスしてUVカットの薄手の羽織るものも持っていると役立つかもしれません。

ベビーカーは危険!

暑くなってくると、おんぶ紐や抱っこひもはだんだんと辛くなってきますよね。

そこで活躍することも多くなってくるのが、ベビーカーだと思います。持ち手の位置を替えれば、赤ちゃんの顔を見ながらも散歩できて便利ですよね。

しかしそんなベビーカー、夏は注意が必要なのです。

夏になってくると、アスファルトからの照り返しが強くなり表面が60°になっているといわれています。

ベビーカーは低い位置にあるので、照り返しをもろに受けてしまうのです。

照り返しは夕方になっても。なかなか冷めないと言われています。

少し暑くて億劫うに感じますが、おんぶや抱っこしたほうが良いでしょう。

赤ちゃんと接する部分が暑いという人は、保冷剤をタオルにくるんだのを挟むと少しは良いです。

スポンサーリンク

夜の散歩!

夜泣きで散歩すると治まるから、夜に散歩をするという人もいるでしょう。

私はまだ夜泣きに悩ませれていないので経験がないので、いろいろと探してみました。

すると、夜の散歩は良い、悪いと意見は半々ぐらいでした。

散歩して泣き止んでくれるならそれでいいという意見もやはり多くありました。

反対の意見では、やはり夜は危ないし、近所の人たちに夜に遊び歩いてると思われるなどありました。

また、泣けば外に行けると思い、癖になると大変などもありました。

その子の個性や、家庭の考えがあるので、一概にどちらが良いとは言えません。しかしやはり遅くなりすぎると危険が増えますので、注意が必要ですね。

持ち物!

赤ちゃんがいると、ちょっとそこまでという時でも持ち物はいりますよね。

ふだんはオムツにおしりふき、ミルクや着替えなどを持ち歩いていると思います。しかし夏はもう少し持ち物が増えてきます。

すぐそこまででも、脱水症状になると悪いので飲み物は必要です。

お茶などが飲めれば、哺乳瓶などに入れてもち歩きましょう。

また、虫除けや日焼け対策グッズなどもあると良いでしょう。

まとめ

私は子供が生まれる前は、仕事以外は極力家にいたいという超インドア派でした。

夏に外出なんてもってのほかでした。しかし不思議なことに子供が生まれたら、自分から子供を誘うくらいになりました。

子供も外にでれば喜んでくれますし、一緒に楽しんでいます。

ただ子供のパワーはすごいです。暑さも関係ないのです。

だからこそ親が注意して、水分補給や日焼け対策などをしっかりしてあげましょう。

トラブルがないように、楽しい時間を過ごしましょう。