暑い日が続き、汗をかくことも多くなってきました。もちろん赤ちゃんも汗をかきます。赤ちゃんの汗は、大人以上に臭いときがありますよね。

また、少し動いただけなのにすごい汗をかく子や、暑いのにそれほどかかない子もいます。他の子と違うからと心配になるお母さんもいるかもしれません。

そこで今回は赤ちゃんの汗についてみていきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんは汗っかき!

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_s

新生児の頃は動くこともなく、汗なんてかくの?と思っている人もいるでしょう。

実は新生児の発汗量は大人の2倍とも言われています。

赤ちゃんは授乳やオムツ替えなどでも汗をかくのです。

また夏はもちろんのこと、冬でも暖房などで汗がでてきます。

私は冬に出産した第一子のときに、寒いと可哀想だと思い、バスタオルと毛布二枚に布団で汗びっしょにさせてしまったことがあります。

小さい可愛い体に見合わず、すごい量の汗をかくのです。

頭だけ?

うちの子、頭だけに汗をかくけど大丈夫かな?などと心配になったことはありませんか。

頭に汗をかいた場合、熱がなければ心配はいりません。その子の体質です。

頭だけ汗がすごくて、それに伴い頭が臭いという赤ちゃんもいると思います。これは赤ちゃんの新陳代謝が良いために、汗をたくさんかくためです。

そして赤ちゃんは一時的にですが、男性ホルモンがふえることがあります。

それによってオヤジ臭のような臭いがするのです。

しかし汗をそのままにしておくと、冷えて風邪を引いてしまうこともあるので拭いてあげましょう。

また頭に汗をかいていて、身体も汗をかいているのは着せすぎで暑いのです。一枚脱がすなどしてあげましょう。

スポンサーリンク

汗が少ない

大人でも汗をかきやすい人や、わりと汗をかかない人など個人差はあります。

赤ちゃんももちろん個人差があるのです。しかし近年では、汗の少ない子供が増えているのが問題になってるようです。

汗とは人間にとって体温調節をしてくれる大切なものです。

食べたり動いたりすることで熱が生産されます。その熱を下げて恒常性を保ってくれるのに必要なものが汗です。

そして汗を作り出す汗腺の働きは、3歳くらいまでの生活が影響します。

熱帯地域に暮らす人は汗腺が多く、寒い地域の人は少ないです。日本人はその中間くらいだと言われています。

けれども最近では冷暖房があるために、赤ちゃんは夏でも涼しい生活ができるようになりました。

そのため汗腺が少なくなり、汗が少ない子供が多くなってきているのです。夏に外で遊んでも汗をかけなくなることは、基礎代謝が低いということです。

汗腺が少なく汗をかけないために、身体が熱の生産をしなくなるのです。

このようなことを、低体温児というそうです。

この低体温はキレやすい子やADHDの子に関係があるのではないかというみかたもあるようです。

まとめ

私は子供は汗っかきだと思っていました。実際にうちの子も少し動くと髪が濡れてしまうくらいです。そして臭いもすごいです。

しかし今回調べてみると、汗をかかない子に驚きました。

たしかに今の子供は赤ちゃんのうちから快適な空間で過ごしますよね。

日本は四季がある良い気候なので、身体で季節を感じさせるのは大事なことですね。

暑いと可哀想と冷房に頼ってしまいがちですが、たまには窓を開けて過ごしましょう。

ただし無理をして熱中症などにならないように気をつけましょう。