保育園、幼稚園に通い始めると、新しいお友達ももでき子供の世界も広がるでしょう。

また通園を始めると子供だけではなく、母親にも新たな世界がまっています。それはママ友との交流です。ママという立場での友達なのです。

このママ友、なかなか難しいこともあるようですね。もしかすると、これを読んでるあなたは少しだけ苦手意識を持っているのかもしれませんよね。

でも、子供同士が同じ園であれば、合わないからと避けるわけにもいきません。

今回はそんなママ友との関係で、タイトルのようなところを中心に考えていきましょう。

スポンサーリンク

子供を通して付き合いが始まるのがママ友!

-shared-img-thumb-TAKEBE160224530I9A0327_TP_V

ママ友は“友”とつきますが、やはり学生時代などの友達とは違いますよね。

子供を介して付き合いが始まるのがママ友です。子供同士が同じ園であれば、親同士も何かと顔を合わせる機会が増えます。子供同士が仲良くても、相手の親が苦手ってこともありますよね。

合わない人がいるのは、人間だから仕方のないことだと思います。

しかし相手がママ友だと対応が難しいですよね。特に子供同士が仲良い時は・・・。そんなときはどう対応するのが良いのでしょうか?

合わなくても我慢して仲良くする!

子供のために我慢

学生時代ならば気の合う子だけと付き合ってこなかったけど、ママ友は子供のこともあるし我慢という人も多いのではないでしょうか。

自分一人の関係であれば簡単なのですが、子供が係わってくるとやはり対応は変わりますよね。自分の態度で子供にも嫌な思いをさせるくらいなら、我慢しようと思ってしまうのではないでしょうか。

それに保育園や幼稚園の年齢だと遊びに行くのも送り迎えをすることが多いと思います。

その時に相手の親と嫌なムードだと、子供も気になりますよね。子供は意外と敏感です。そう考えてみると、自分の気持ちは後回しにして我慢して付き合いを続けようと思う人が多いのかもしれませんね。

子供のためになら我慢をする。つまり、一線を引きながらも付き合うというやり方は、案外頑張っている方は多いのかもしれません。

いじめには合いたくない

また、ママ友との関係を悪化させたくない理由に“いじめ”をあげる人もいるのではないでしょうか。

いじめというと学生時代を思い浮かべるかもしれないですが、ママ友でも多いようです。2015年には群馬県でママ友同士のトラブルからなる悲しい事件もありましたよね。

大人になって、ましては人の親になってまでいじめをするなんてと思いますが、ママ友いじめがあるのも事実です。やはりいじめられるくらいならば、無理にでもニコニコと合わせていたほうが良いですよね。

スポンサーリンク

合わない人とは深く付き合わない

dd10c759132be11a8b2f10f75b918dbc_s

しかし人間、いろいろなタイプがいます。自分の意思は貫き通すという人もいるでしょう。嫌なものは嫌!子供はあくまでも子供同士の関係と割り切ってしまうのもありかもしれませんね。

ただし、いくら合わないからといって無視などはやめましょう。

そこは大人ですので、大人なりの対応をしましょう。無理に仲良くする必要はありませんが、挨拶や必要な会話などはするべきでしょう。

合わないから避けるのではなく、合わないから最低減の付き合いでとどめておくのが良いのではないでしょうか。

もちろん、自分が逆になんらからのトラブルがあり、無視をされてしまう立場になることも、もしかするとあるのかもしれません。

ただ、それでもあなたは最低限の付き合いとして挨拶や礼儀正しく接していればいいと思います。

これだけ守っていれば、誰が見てもあなたが悪い人だと思われないし、あなたを無視している人を「他の誰かが見ていたとしたら」、悪いのはあなたじゃなく、無視をしている人のほうという印象がつくことになるので。何も心配することはありません。

まとめ

悩ましいママ友の関係。女だけの関係っていうのも難しさを増しているのかもしれませんね。

今はスマホなども出てきて、昔よりもママ友の関係は密になってきているのではないでしょうか。そんな中で外されてしまうのは、やはり辛いものがありますよね。

ママ友いじめも怖いところですね。いじめをするような人たちが、ターゲットの子供に優しくするなんてあまり想像できないので、やはり我慢してお付き合いするのが良いのかもしれませんね。

ただし、自分の中にストレスをためてしまうような我慢じゃなく、一線を引くようなつきあい方ができると良いと思います。

人と人同士の関係で最低限のこと。これさえ意識しておけば問題ないはずです。

なかなか難しい問題ですが、いじめなどしない心の綺麗なママになりましょう!