私が子供の頃は、子供はもちろんのこと大人でも携帯を所持している人は少なかったです。そうなると園からの連絡は連絡網、親同士の話は送り迎えの時や電話でした。

しかし現代は携帯を通り過ぎ、ほとんどのお母さんがスマホを所持している時代になりました。

連絡網も個人情報の関係からなくなったり、前後の家しか知らなかったりするそうです。

そして親同士の会話もスマホのLINEに変わってきているそうです。今回はそんなママ友同士のLINEについてみていきましょう。

スポンサーリンク

ママ友ではグループLINEが使われる

126919

ほとんどの方がご存知だと思いますが、LINEとはスマホで行われるチャットのようなものです。

一対一だけではなく、グループLINEという何人もでできるのです。同じ幼稚園や保育園、クラスなどでグループを作りLINEを行うのが今のママ友のようです。

どんなLINEがストレスに感じてしまうの?

このLINE緊急の時などはすぐに見れて、返信もすぐにできて助かりますよね。

相手が読んだかも分かるのです。私の主人は読んでも返事をよこさないので、この機能は読んだか分かるので助かります。しかし特別な用がない会話の時の、既読機能は困りますよね。

実際にママ友のグループLINEでは、どうでもいいような会話も多いそうです。

しかし読んでしまっているのに返事をしないとなると、立場が悪くなってしまいます。仕方なく返信したけれど、人数も多くだらだらと続いてしまってうざい!となることもあるでしょう。

また内容だけではなく、LINEの時間でもめんどくさいと思ってしまいますよね。

家事も終わり子供も寝て、さて一息つこうと思ったらLINE。もう嫌になってしまいますよね。どうでも良い話題に貴重な時間を奪われてしまうのです。

世間話なら送り迎えのときにしてよ!とだんだんとストレスにもなってきますよね。もうLINEなんてなくなってしまえと思う時はどうしたらよいのでしょう。

ストレスを少しでも軽減させるには?

まずは何より既読をつけないことが、色々と理由つけになりますよね。

「忙しくて気付かなかった」や「夜は子供が寝てるからマナーモードで」なんて言えるのです。しかしそれでも返信したら、返事がきて続くかもしれません。

そんな時は、「忙しくて気付かなかった」から、返信が来る前に「子供お風呂入れるから、またね」など打つのです。

それからまた既読をつけないようにしましょう。毎回毎回は怪しすぎますので適度に使い、ストレスを軽減しましょう。

けれども、それでも無理!少しも相手にしたくないという人は、きっぱりグループを抜けてしまいましょう。

または既読ムシです。

何十人もグループにいれば、意外と気づかれないかもしれません。しかしやはり緊急の話などもあるかもしれないので、グループに入っていて時々参加が良いかもしれませんね。

まとめ

時代の進歩は素晴らしいですが、やはり困ることもありますよね。

少し前ならばこんなLINEで悩むことなどなかったでしょう。若い子たちのLINEいじめなども問題になっていましたが、ママ友LINEも考え物ですね。

私のところは少人数でママ友同士でLINEなどはありませんが、想像しただけでストレスです。

こんなことになったらきっとガラケーに戻すかもしれません。。。子供が寝た後の少ない時間は、私だけの時間なので邪魔されるのはたまったものではありません。

都会などではなかなか難しい問題だと思いますが、ストレスを溜めすぎないようにいきましょう。