子供用のオモチャといえど、今は色々なおもちゃが売られていますよね。オモチャを与える場合、まだ小さい子供には、大きさなどは気にして買う人も多いと思います。これはもちろん誤飲防止のためですよね。

しかし大きさを気をつけただけではまだ足りません。まだ何でも口にいれてしまう子供ならば、塗料も気をつけたいところです。

2歳、3歳ぐらいになってしまえば、「これは口に入れるものじゃない」と子ども自身が認識することが出来ますが、まだ1歳ぐらいまでは、どうしても自然と口に入れてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

そうすると、口に入れるオモチャの塗料って安全なのだろうか、と心配する人も多いようです。ということで、今回は、そのおもちゃの塗料について考えてみましょう。

スポンサーリンク

STマークがあれば安全

44fd75bfc95706724eb6c0e4361343d0_s

日本国内で販売されているおもちゃには、STマークというものが付いたのものがあります。

st16

我が国で販売されるおもちゃの安全性を高めるために、玩具業界は、昭和46年(1971年)に、玩具安全基準(ST基準)を策定し、玩具安全マーク(STマーク)制度を創設しました。
 ST基準は、玩具の安全基準で、機械的安全性、可燃安全性、化学的安全性からなっています。STマークは、第三者検査機関によるST基準適合検査に合格したおもちゃに付けることができるマークです。

このマークがついているものは、塗料も有害物質を含んだものは使われていません。

ですので、STマークがついているかを、一つの目安にしても良いでしょう。

STマークのついている商品では以下のような検査がされています。

機械的および物理的特性の検査

先端が尖っていないかや、のどに詰まらない大きさかなどを検査します。のどを詰まらないかは18か月未満の子供対象のおもちゃで行われます。

冒頭でも触れたように、赤ちゃんは何でも口に入れてしまうことがあります。ですので、お母さん目線で考えてみると、この項目は非常に重要であることがわかります。

逆に、オモチャでないオモチャ。つまり日常品で子供が誤飲する可能性の高いものって身の回りにたくさんあると思うので(例えば電池やマニキュアなど)、いま一度子供の手に届かないものにモノが転がっていないか確認してみましょう。

可燃性の検査

かつらやお面、なりきりドレスなど子供が身に着けて遊ぶものに燃えやすい材質が使われていないか検査します。抱っこするぬいぐるいや、子供が中に入ってあそぶお家やテントのおもちゃも同様に検査されています。

火の元が近くになければ燃えてしまうことって少ないかもしれませんが、子供が可燃性の高いものを持っているときに、キッチンでご飯の準備をしているお母さんの近くによってきたなど、万が一のことに備えているのかもしれません。

化学的特性の検査

今回のテーマはこちらに関わってきます。材料に有害な物質が使われていないかを検査します。鉛や重金属の検査や、塩化ビニル樹脂でのフタル酸の検査などを行います。

このように日本で販売されているおもちゃは色々な項目で検査をされています。このSTマークがついているもので安心して、子供に与えられるでしょう。

スポンサーリンク

中国の塗料は危険!

02248f8e28522bf6b30f74385973d3a4_s

最近では中国製と聞くとおもちゃ以外でも、購入を考える人は多いのではないでしょうか。偏見というわけではありませんが、どうしても同じ値段、同じデザインで日本製、中国製があったとしたら、10人中10人はメイドインジャパンを選んでしまうでしょう。

実はおもちゃも中国製は危険と言われているのです。そのなかでも問題なのが塗料です。子供がおもちゃを舐めていたら、塗料がはがれたなんてことはありませんか?

先ほど紹介してSTマークでは、鉛など検査されているのでさほど心配はありません。

しかし中国製のものの塗料には、鉛が含まれていることが多いのです。この鉛、脳に影響をあたえるものなのです。

鉛中毒という症状はほとんどなくなりましたが、鉛に脳を侵さると、神経過敏や発育障害、貧血などの症状がでてくると言われています。具体的な症状としては、勉強ができなくなったり、落ち着いて並んでられなくなったりするそうです。

できれば、こういったオモチャは子供に触れさせたくありませんよね。

そこで役に立つのがSTマークです。

このSTマークというものは日本製でなくても、日本で売られているものは検査されるのです。これはすごく安心できることですよね。

おもちゃを買う時は、STマークがあれば中国製でも安心して購入できるのです。ということなので、中国製品すべてが悪いというわけではないということですね。あくまでSTマークがあるかどうかを確認することにしましょう。

まとめ

可愛い我が子、やはり危険なものは与えたくないですよね。子供の安全を守るのも親の務めです。喜ばせようと買ったもので、健康を害したくはないです。

なんでもかんでも中国製の今、中国製を完全に買わないというのは難しいでしょう。ただ、中国製でもSTマークがあるものであれば安全性の高いオモチャであるということは間違いないようです。

STマークは商品だけじゃなく、オモチャが入っている箱にも表示されていることが多いので覚えておきましょう。ぜひ気をつけてチェックして、子供との楽しい時間を過ごしてくださいね。