赤ちゃんを見ると、鼻水はつきものですよね。うちの子も出かける前の鼻水チェックはかかせません。

鼻水をたらしていたり、固まって鼻をふさいでいたりしています。

しかし、鼻をかんであげたりすると嫌がったり、なかなか上手くいきません。嫌がって顔をそむけるから、何回もかまなきゃいけないということも少なくありません。

それではどんな鼻水の取り方が良いのでしょうか。

スポンサーリンク

赤ちゃん用は便利!

104692

生まれたての赤ちゃんは、鼻の穴ももちろん小さいですよね。

そして、そんな赤ちゃんの鼻をティッシュでかむのも痛そうで躊躇しませんか?でも、うちの子は新生児の頃も良く鼻づまりをしていました。

そんな時に役立ったのは、赤ちゃん用の綿棒です。

大人用に比べると格段に細いので、赤ちゃんの鼻にはピッタリです。綿棒なので、テッィシュを細くして作るものと違い、しっかりしているので1回でとれます。

私は耳より鼻のほうが、赤ちゃん用の綿棒を使っていました。授乳している時だと泣かないので、授乳の時は傍らに綿棒を用意していました。

スポンサーリンク

吸引器

鼻水の場合は綿棒よりも、鼻水を吸い取れる吸引器を使用していました。今はいろいろなタイプがありますよね。

自動で吸い取ってくれるものや、手動や口で吸うものなど色々あり悩みますよね。

ここで注意しなければいけないのは、吸い取るときに思いっきり一気に吸うと中耳炎になる場合もあることです。

その点を考えると、自動のものは計算されて作られてるでしょうから安心ですよね。デメリットは一番金額が高いことですね。

比較的、安価で薬局などで手に入る簡易的なものでも十分使えます。チューブを使い口で吸うやつや、ポンプのように手で押すタイプなどがあります。

ちなみに私は「ママ鼻水トッテ」というものを使用していました。耳鼻科医が開発したとあって、よくとれますし使いやすかったです。

スポイト

スポイトは吸引器に比べると、あまり力がなく取れにくいそうです。吸ってあげるときは、誰かに赤ちゃんの頭を押さえてもらうと良いでしょう。そしてすばやく吸ってあげてください。

ただ奥まで入れすぎないように注意しましょう。スポイトで粘膜を傷つける場合があります。

昔ながら!

お母さんの口で吸ってあげる方法もあります。やはり昔からやられてるだけあって、上手くすれば良く取れます。

しかし、直接赤ちゃんの鼻水を口にするわけですから、風邪が移りやすい人は気をつけたいですね。

こんなやり方が!

色々と便利な道具はありますが、やはり良く使うのがティッシュですよね。しかし、小さい子は鼻水を上手に出し切れないし、かまれるのも嫌がります。

だからといって、ほっといたり何回もかむと赤くなったりして可哀想ですね。

おしりふきだと水分があるので、赤くもなりずらいし、乾燥しているものも取りやすいです。
でも、やはりかむことには変わりないので嫌がるのは同じです。

私も苦労していましたが、驚きの方法を見つけました。

その名も「お鼻スルスル」です。

やり方は

1.ティッシュを半分に折って、さらに半分に折ります。
2.帯状になったティッシュを人差し指に、手前が長くなるようにかけます。
3.ティッシュをかけた人差し指を子供の両鼻の穴にあてます。
4.ティッシュを持っている手を固定したまま、反対の手でティッシュを下にスルスルと引きます。

文字で説明するのは難しいので、検索して写真や動画をみて頂ければ理解できると思います。この方法を試したところ、本当に1回で良くとれてビックリしました。

【YouTube】お鼻スルスル

子供もあまり嫌がらず、驚きました。ぜひ、試して頂きたいです。

まとめ

鼻をいじられるのは、嫌がる子が大半だと思います。しかし、ほっとくわけにはなかなかいきませんよね。

かまれる方はもちろんのこと、かむ方もストレスにならないように、自分たちにあった方法を見つけていきたいですね。

私はティッシュ1枚でできる「お鼻スルスル」がおすすめです!