妊娠して出産するまで、赤ちゃんを近くに感じられる一番のことは胎動ではないでしょうか。

エコーで動いている姿はみることができますが、やはり胎動で感じるのは幸せですよね。

小さいながらも力強く動いてくれる我が子に、自然と笑みがこぼれてきますよね。

そんな胎動は初産婦より経産婦のほうが早く感じるのでしょうか。

スポンサーリンク

胎動はいつごろから感じるの?

実は、赤ちゃんは妊娠3か月頃から動いています

しかし、まだ小さくてお母さんが胎動を感じることは難しい時期です。妊娠5か月頃になると、お母さんも胎動を感じることができるようになってきます。

ですので、妊娠3ヶ月を過ぎてみたら、いつ頃赤ちゃんの動きを感じられるかじっと自分のお腹に手を当ててみてください。

はじめのうちは、赤ちゃんの動きか自分の動きなのかわからない程度に、そっと優しく胎動を感じるんですよね^^

妊娠5か月というと、体重は250~280g、身長は23~25cmほどになります。

頭の大きさは体の3分の1を占め、頭でっかちになっています。また、髪の毛やまゆ毛、爪なども生えてきます。

両手の手のひらに乗るぐらい小さいのに、動きをかんじるなんて神秘的ですね。はじめての胎動には感動と喜びが湧いてきます。

経産婦は早い?

胎動を感じる平均週数は、初産婦が19~20週と言われています。

それに比べて経産婦は2~3週早いと言われています。

これは、経産婦は一度経験をしていることだから、胎動だと判断できるのが早いということのようです。

しかし、やはり個人差があるので初産婦でも15週から感じた人もいるようです。経産婦では14週からという人もいるそうです。

どちらにせよ、22週頃になってくると、だいたいの人は胎動を感じることができるようになってきます。

スポンサーリンク

二人目、三人目でも違うの?

経産婦は早いと言いますが、産む回数を重ねるごとに早く胎動を感じるようになっていくのでしょうか。

二人目より三人目は少し早かったり、同じくらいの人が多いみたいです。もちろん二人目より遅い人もいます。

やはり、いくら小さいからといっても赤ちゃんも一人ひとり違うので個人差がありますね。活発な赤ちゃんもいれば、大人しい赤ちゃんもいるはずです。

また、お母さん自身の体系などによっても胎動の感じ方に差があるようです。

まとめ

私自身、二度の出産をしていますが、二回目の方が早く感じられました。

最初の子は、初めての体験で胎動がどういうものか分からなかったのもあります。お腹の調子が悪いだけだと何度か思っていました。

やはり経産婦は胎動を感じるのが早いというのは、経験しているからというのが大きい気がします。

自分のお腹の中で赤ちゃんが動くという感覚は人生でも数回しか経験できないので、その瞬間を大切にしていきたいですよね。

やっと胎動を感じられるかもという時期の人は、赤ちゃんに話しかけたりしてみるのもいいかもしれませんね。