妊娠すると、いろいろなことに気をかけるようになりますよね。

これはしてもいいの?これは食べても大丈夫かな?と、気に出したらきりがないくらいです。

妊娠中でホルモンバランスが変わることもあり、神経質になる人も少なくないかもしれません。

とくに口から体内に入り、そのまま赤ちゃんに影響する食べ物には気をつかいますよね。

カレーなどの刺激物は良くないと耳にしますが、実際はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

スパイスは良くない?

80a3a998ab6f4ae0b8022af9ef01d152_s

痔や胃もたれになる!

スパイスや唐辛子をはじめとする刺激物は、妊娠中はあまり良くないとされています。

香辛料は消化されないので粘膜に悪く、痔になりやすい妊娠中は避けた方が良いのです。また痔になっている場合は悪化することもあるので注意です。

普段は刺激物を食べても何もない人も多いと思います。しかし、妊娠中は体の変化があるので胃もたれすることもあるので控えた方が良いでしょう。

ただし適量ならば、妊婦にとっての大敵である冷えを防止してくれるものあります。辛い物を食べると体が温まりますよね。

子宮収縮するものも

辛くないもでも注意が必要なスパイスもあります。

ウコン(ターメリック)、タイム、バジル、セージ、シナモン、ナツメグ、パセリ。

上記のものは、子宮の収縮を促すスパイスだといわれています。

痔などよりも子宮収縮は、赤ちゃんに影響するので気をつけたいですね。しかし、産後には子宮の収縮を手伝ってくれるいいものになります。

スポンサーリンク

カレーは食べちゃダメ?

カレーといえばスパイスです。

こだわっている人は、何種類もスパイスを組み合わせて作りますよね。そんなスパイスの宝庫のカレーは、食べないようにしたほうが良いのでしょうか。

結論から申しますと、適度なら問題はありません。

一週間の一杯程度なら大丈夫です。

カレーはスパイスだけではなく、塩分が多いのでそちらの方が注意が必要です。

おたま一杯に約2.1gもの塩分が含まれています。妊娠中の塩分は1日7gに抑えた方が良いとされているので、食べすぎは良くないです。

塩分をとりすぎると、妊娠高血圧症を引き起こすことがあるので気をつけましょう。

また香辛料の少ない甘口を食べるようにしましょう。

無添加のカレーもあるそうなので、気になる人は試してみるのもいいかもしれませんね。

スパイスを取りすぎると男の子?

妊娠中に塩辛いものが食べたくなると男の子、というジンクスがあるそうです。

しかしながらやはりジンクスにすぎないようです。また、食べ物で性別が決まることはないそうです。

まとめ

妊娠すると食の好みは変わる人も多いと思います。また悪阻でスパイスが食べたいという人もいるかもしれません。

私は第一子の妊娠中はカレーばかり食べていました。

上記で紹介した、パセリやバジル、シナモンなどは結構使うことも多いと思います。

食べてしまったから大変!というわけではありません。食べ過ぎることが良くないのです。

我慢するストレスが赤ちゃんに悪影響を与えてしまってはいけません。何事も適量が大切です。

ちなみに出産のための入院のときに、カレーがでたりもしました。

あまり神経質になりすぎないように、穏やかな妊娠生活を送りましょう。