待ちに待った我が子の誕生は、言葉では表せないくらい幸せを与えてくれます。あくびやくしゃみ、そんな小さいひとつひとつの仕草が可愛くて仕方ないです。

しかし、小さなことでも心配になることもでてくると思います。

湿疹ができれば、母乳の成分にアレルギーのものがあったのかもしれない。ぎゃん泣きすれば、どこか痛いのかもしれない。

他にも、気になることは山ほどでてくると思います。

その中から今回は、顔周辺のアレルギーや湿疹のことと、赤ちゃんが眠くなった時の仕草について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

乳児湿疹

8e8e001d32258596ebd1b623aecfe069_s

赤ちゃんにできる湿疹は、顔や体どこにできても乳児湿疹といいます。

湿疹にはカサカサしたものや、ニキビのようなものもありますが、すべて乳児湿疹と呼びます。

その乳児湿疹にもいろいろな種類があるのでみていきましょう。

新生児ニキビ

思春期のニキビと同じような、赤い湿疹がほっぺやおでこに現れて顔全体に広がっていきます。生後1週間~1か月の間によく現れます。

主な原因としては、新生児は皮脂の分泌が多いので、過剰分泌された皮脂が肌の表面や毛穴に溜まってしまうことが多いとされています。

また、外部からの刺激などで炎症を起こしたり、赤ちゃん自身が引っ掻いたりすることで悪化することもあります。

ケアとしては、お風呂の時に泡で優しく洗ってあげて、しっかりと石鹸が残らないように流してあげましょう。

清潔にしていれば、生後1~2か月ほどで治まってきます。

乳児脂漏性湿疹

顔や頭に、黄色っぽいフケやかさぶたのようなものがでてきます。

かゆみはないですが、炎症を起こすと赤く腫れあがったりします。生後4か月ごろまでがでやすい時期です。

原因とケア方法は、新生児ニキビと同じです。

ただし、かさぶたのようにへばりついている場合には、入浴前にワセリンなどでふやかしてから取るようにしましょう。

また、赤ちゃんが傷をつけないように爪を切ってあげたり、ミトンを利用するのも良いかもしれません。

アトピー性皮膚炎

顔や頭、耳などに赤い湿疹がでます。こちらは強いかゆみを伴います。

遺伝子的にかゆみをおこしやすい体質と、アレルゲンに触れることが原因の皮膚炎だと考えられています。

しかし、原因などはまだ十分に解明されていません。動物やハウスダスト、ストレスなど人によってアレルゲンは様々です。

アレルゲンがはっきりしない場合は、なるべく刺激を少なく清潔にしましょう。慢性的に症状がでるので、根気よく向き合っていきましょう。

スポンサーリンク

食物アレルギー

口の周りや、全身に赤い湿疹ができます。

時には、嘔吐や下痢、呼吸困難がおこることもあります。

アレルゲンとなるものを口にすることで、発症します。

生後半年から一年になるころには、アレルギー検査を受けることができるようになります。その結果をもとに、医師などの専門家の指示に従うのがよいでしょう。

湿疹にもいろいろあるので、かゆみが伴う湿疹であれば、赤ちゃんの手が耳に伸びることもあると思います。

かゆいのを我慢するのはつらいので、赤ちゃんも小さいながら掻こうと必死なのかもしれませんね。

眠るときの癖?

湿疹などがなくても、顔や耳を掻き毟る赤ちゃんも多いとききます。そういう赤ちゃんはだいたい、眠くなると掻きはじめるようです。

これはただ寝るときの癖として掻いてることが多いです。

あまり心配はいらないと思いますが、爪には気をつけましょう。赤ちゃんの爪は可愛さに似合わずに、結構痛いですよね。

爪をきったり、掻き毟らないようにミトンをしたりしましょう。

まとめ

赤ちゃんの顔は小さく可愛いので、湿疹ができると目立ってしまい余計に心配になりますよね。

なにより清潔に保つことが大切なので、お風呂のときはたっぷりの泡で優しく洗ってあげましょう。また乾燥している時は、保湿もしてあげましょう。

まだ上手く手を動かせない赤ちゃん。

かゆいのに掻けないのは切ないですし、イライラしてきますよね。周りの大人が早めに気付き、適切なケアをしてあげましょう。

新生児ニキビなどは、赤ちゃんという感じはしますが、やはりキレイな顔が一番可愛いですものね。