初めての赤ちゃん、初めての育児。分からないことや困ることは、色々でてくると思います。

初めてではなくても、上の子とは違うと不安になることもあるかと思います。

産まれたばかりの赤ちゃんは、小さく少しのことでも傷つけてしまいそうです。お風呂に入れる時も、慎重になると思います。

そのお風呂上りにやることが多い耳掃除。

大人がするような耳掃除は、赤ちゃんにはできませんよね。今回と次回の2回に分けて、赤ちゃんの耳についてお話したいと思います。

まず今回は、耳垢や耳鼻科に行く目安などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

耳垢って何?

f09709c12cb609b72f749d10a92ef66a_s

耳垢は、ゴミが入って溜まったものだと思っている人も多いかと思います。

しかし耳垢とは、古くなって剥がれ落ちた耳の中の皮脂に、外部から入ってきたホコリなどが合わせってできるのです。

大人に比べて新陳代謝がいい赤ちゃんは、耳垢がたまりやすいのです。

赤ちゃんは耳垢が溜まりやすいので、大きいものが取れたりします。

また耳垢には、湿っているタイプと乾いたタイプがありますが、赤ちゃんは湿っているタイプの方が多いです。

黒の塊!?

赤ちゃんの耳から、黒い塊の耳垢がでてくることがあります。大人では出てこないため、病気かもと心配になる人もいるかもしれません。

実はこれ、お腹の中にいた時の羊水が耳に入って残っていたものなのです。

ほっといても自然にでてきますし、特に心配はいりません。

大人の耳垢は一般的に黄色っぽいですよね。赤ちゃんも黄色が一般的ですが、茶色の耳垢が出てくることもあります。

これは赤ちゃんが新陳代謝が良いので、茶色にみえることがあるのです。こちらも心配はいりません。

スポンサーリンク

赤ちゃんの耳は臭い!

赤ちゃんの耳って、顔に似合わず意外と臭いです。

先ほどお話した、黒い塊も臭いです。

また、赤ちゃんに向き癖があり、いつも一方の耳が下になっていると蒸れて耳垢が溜まりやすくなります。

そこに、ミルクや母乳、よだれなどが流れ入り臭くなったりもします。

意識的に、一方だけを向かせないようにして、ミルクなどは流れ込む前に拭いてあげましょう。

中耳炎には注意を!

耳垢が溜まっているだけや、臭いときは耳鼻科に行かなくても大丈夫ですが、注意することもあります。

臭いがツーンとしたもので、黄色の膿のようなドロッとしたものがでてきたら、中耳炎の可能性があります。

また耳を掻くような仕草をすることもあるようです。

そのような状態がみられたら、耳鼻科で診てもらいましょう。抗生物質を処方してくれます。

まとめ

赤ちゃんの耳はあんなに小さいのに、時にはゴソッと大きいものが取れてビックリします。そして本当に臭いです。

私の次男は向き癖がひどかった為に、臭いもひどかったです。

母乳も良く吐く子供で、なんとも言えない臭いを漂わせていました。臭いながらも毎回嗅いでしまってましたが。

また中耳炎では、言葉も話せない時で困りました。すごくグズグズする日が続くと思っていたら、耳だれがあり耳鼻科にいきました。

喋れないうちは、変化があれば、観察して早めに気付いてあげることが大切です。

臭いとか黒いのが出てきたときは心配いりませんが、中耳炎のサインを見逃さないようにしましょう。

続き→耳掃除の頻度や綿棒は鼓膜に注意してどこまで入れるべき?耳鼻科や病院でやるべき?