前回は耳垢の種類や病気についてお話しました。今回は耳掃除のことを主にお伝えしたいと思います。

赤ちゃんの耳は小さいですよね。そしてじっともしてくれません。赤ちゃんの耳掃除はすごく気を使うし大変です。

そんな耳掃除について紹介していきます。

スポンサーリンク

木の棒は危ない!

513e35e564517c1753d0c6f382a302dd_s

赤ちゃんの耳は大人に比べると、鼓膜までの距離が短いです。

耳自体が小さいので、当たり前のことですね。それに加えて、耳の中の肌も大人より弱いです。

大人の耳かきでは、木の耳かき棒を使うことも多いと思いますが、赤ちゃんには向きません。

固い木の耳かき棒は、少しの力でも耳垢が取れやすいですが、赤ちゃんには痛いかもしれません。

赤ちゃんにはシリコンなどの耳かき棒を使用するようにしましょう。

やりすぎはダメ

赤ちゃんの耳は割と臭うので、綺麗にして臭いを取り除いてあげようと思う人もいるでしょう。

ですが耳垢というものは、何もしなくても出ていくものなので、1~2週間に一度の掃除で大丈夫なんです。

また、お風呂上りに綿棒で掃除してあげているお母さんもいるとおもいます。

しかし綿棒は、溜まった汚れを中に押し込めてしまうこともあるので注意が必要です。

お風呂上りは耳垢もふやけて取れやすくなっているので、タオルで拭いてあげるだけでも良いのです。

ふやけて取れやすいので、お風呂上りに耳垢取るための耳掃除をするのが良いかもしれません。

綿棒を使用する場合は、入り口あたりを軽くなでる感じです。

5ミリ以内にし、中にまでいれる必要はありません。

スポンサーリンク

耳掃除も一苦労!

もうそこまで見えているから、とってあげたい!と思っても、赤ちゃんはなかなかじっとはしてくれませんよね。

私も耳垢をとってあげたくてもどかしい経験をしました。

そんなの時、私は添い乳をしながら耳掃除をしていました。

痛くしなければ、耳掃除は気持ちいいですよね。長男は寝る前になると、耳掃除をせがんできて、耳掃除しながら寝ていました。

言葉を理解しないうちは、耳掃除中に動かれてケガのないように十分注意して行いましょう。

やっぱりプロ!

耳垢が気になるけど、自分でするのは不安という人は耳鼻科に行きましょう。耳掃除だけで受診しても問題ありません。

私は三歳の長男が、中耳炎になり受診した時、耳垢も溜まっているので取りますと言われました。

普段から耳掃除をしていたのに、すごい塊が取れました。みているこっちまでもスッキリするぐらいでした。

やはり、プロにしてもらうのは安心です。看護師さんもいるので、抑えてくれて動くこともありません。

気になれば、気軽に受診してみましょう。

まとめ

私は耳掃除で塊がとれるのが快感で、子供たちの耳はすごい取れるので、ついついしたくなってしまいます。

産まれて初めて、耳かき棒でそーっとしたときには、こんなのはいってたのか!というぐらい取れました。

赤ちゃんの耳は、意外と汚くてびっくりします。

しかし、赤ちゃんはデリケートなので綿棒で優しくを基本にしましょう。気になる場合は耳鼻科に行きましょう。

半年に一回など定期的に、耳掃除をしてもらうのも良いでしょう。

耳垢は自然と排出されるといいますが、溜まりやすい人もいます。

現に私の息子は耳鼻科で、溜まりやすい子なので、半年ごとに耳掃除に来てくださいと言われました。

前回と2回に渡り、耳について紹介しました。

大事な器官ですので、心配なことは耳鼻科に相談し、適切な対応をしていきましょう。