夏が近づいてくる季節になりました。この時期に悩む一つに、虫があります。

蚊やハエなどなど、いろいろな虫が発生し始めました。

特に蚊はイヤですよね。刺されれば痒くなって、掻きすぎると血が滲み痕も長引きます。他にも小さい羽虫も口に入ったりして困ります。

大人は虫除けスプレーを使えばよいですが、赤ちゃんへの使用は不安ですよね。

そこで今回はアロマやハーブの虫除けスプレーについて紹介します。

スポンサーリンク

市販のはダメ?

65b45f8e3db813426dd9fcfe128749de_s

やはり市販のものはすぐ使えて楽でいいですよね。

しかし薬局などで売られている虫除けスプレーには、ディートという薬品が含まれています。

このディートは、第二次世界大戦直後にマラリアに感染しないために、蚊から兵士を守るために開発されました。

近年ではその有害性が注目され始めました。

傷口にはいったり、使いすぎたりすると神経障害を引き起こす可能性があるのだそうです。

カナダなどでは子供の使用に制限がかけられています。

アロマで虫を退治できるの?

アロマやハーブは殺虫剤とは異なり、蚊など虫を殺す働きはありません。

しかし特定のアロマには虫が嫌う香りをだします。そのためアロマをつけると、蚊などは近づきにくくなり、刺されにくくなるのです。

また、殺虫剤とは違い体に害のあるものではないのです。赤ちゃんも安心して使用することができるのです。

スポンサーリンク

どのアロマが良いの?

アロマといってもいろいろな種類があり、迷いますよね。今回は蚊が苦手な香りのものを紹介したいと思います。

シトロネラ

イネ科の生命力の強い植物で、シトラス系の香りがします。ただし生葉は異臭があるために、生ではあまり使用されません。

マラリアが多発しているスリランカ原産なので、蚊にいは効果があるかもしれません。

レモンユーカリ

名前の通りレモンのような香りがします。さわやかで清潔な甘さのある匂いです。

レモングラス

フレッシュなレモンのようなさわやかさに、甘さが加わったような香りです。料理やハーブティーでも使用されることの多いものです。

ラベンダー

ほとんどの人が名前を聞けば香りを思い出せると思います。リラックス効果があり人気の香りです。

ゼラニウム

ローズの香り似ていると言われています。女性におすすめのアロマで、不安などを抑えてくれる働きがあります。

手作りできる!

アロマでの虫除けは手作りできるのが良いところですね。

自分の好みの香りで使用できます。またいろいろ作って、気分にあわせて使用するのも楽しそうですよね。

作り方は調べるといろいろとでてきます。自分にあったものをみつけてみましょう。

まとめ

赤ちゃんはデリケートなので、できることならば薬などは使いたくないです。

しかし虫に刺されるのも可哀想です。その点、手作りできるアロマならば、材料にもこだわれますし安全です。

私はあまりアロマにも興味もなかったのですが、調べると興味が湧いてきました。

毎日のように外で遊ぶ子供たちのために、安全な虫除けを作ってみようと思います。

みなさんも、香りを楽しみながら作ってみてはいかがでしょうか。