まだ寒い暑いの表現ができない赤ちゃん。服装には気を使いますよね。服の他にも靴下も意外と悩む人は多いのではないでしょうか。

お店で赤ちゃんの服を見ていると、小さい可愛い靴下も売られていますよね。

しかしまだ歩けないし、外出も少ない赤ちゃん。でも売られているからには必要なのかも?と思う人もいるでしょう。

今回はその靴下についてみていきましょう。

スポンサーリンク

夏には履かせない

6d30bb387d976a5da0d7e19e033cc648_s

夏は大人でも靴下を履くのが嫌になりますよね。ただでさえ暑いのに、暑さが増す上に蒸します。そんなときに靴も履かない赤ちゃんが靴下を履く理由はあまりないですよね。

そもそも靴下とは、靴擦れなどから足を守ってくれる役目。

さらに足裏の汗を吸い取ってくれたり、冷えから守ってくれたりします。靴を履かないとあまり意味がないですね。

また赤ちゃんは、足の裏から熱を放出して体温調節をします

その上、靴下を履かないことで土踏まずの形成につながるそうです。メリットもあるので暑い夏は素足で良いのではないでしょうか。

しかし、今はどこに行っても冷房が効いていて、冷えすぎることもあるでしょう。その時には夏でも活用しても良いかもしれませんね。

ただし、赤ちゃんは土踏まずがないために、靴下がすごく脱げやすいです。

気付かないうちに片方ない!なんていうのは結構あります。そんなこともあるので靴下の代わりにレッグウォーマーを使用するのも一つの手です。

靴下と同じで履かせるだけなので、着脱も簡単です。夏は基本的に靴下はいりませんが、お出かけのときに鞄に入れておいても良いですね。

スポンサーリンク

では冬は?

夏とは違い、身体が冷える冬。寝る時も靴下を履くっていう人も耳にしますよね。そんなに寒いとやはり、赤ちゃんにも靴下は必要でしょうか。

冬の外出時には、履かせたほうが良いですね。

室内とは違い、冬の外はすごく寒いです。しっかり靴下を履かせて、寒さから守ってあげましょう。

すぐ脱げちゃうという場合は、上で紹介したレッグウォーマーを活用しましょう。靴下をはかせた上から使用し、靴下のストッパーとして使えば、暖かさも増して良いです。

外出時には必要な靴下ですが、冬であっても室内では素足でいるようにしましょう。

冬に赤ちゃんの手足を触ると、ビックリするくらい冷たいときがあります。心配になって靴下を履かせたくなる気持ちも分かりますが、大丈夫なのです。

先ほども述べましたが、赤ちゃんは足の裏で体温調節をしています。これは手のひらも同じです。

身体を触ってみて暖かければ、何にも問題はありません。

これは寝ている時も同じです。手足だけで判断せずに、身体を触ってみましょう。

靴下を履かせて体温調節ができないでいると、乳幼児突然死症候群につながることもあります。

いくら寒い冬だからといって、室内で過ごすときは暖房が効いていると思います。そんな時は無理に履かせず、素足で過ごすようにしましょう。

まとめ

商品として売られていると、ついつい必要なものと思いがちですよね。私も最初の子の時は、何足か買いました。しかしあまり履かせることはなかったです。

履かせてもすぐ脱げるし、脱ぐしでめんどくさかったです。赤ちゃんも器用で、足を動かして脱いでしまうのですね。

冬でも室内では履かせていなかったです。本当に手足が冷たくなって、心配になり何枚も布団をかけていました。だけど一向に手足が暖かくならずに不安でした。

しかし、今思うと履かせないで良かったと思います。

布団の掛けすぎで熱くなった体温を、一生懸命に放出していたのですね。あやうく大変なことになるとこでした。

歩けるようになり、靴が必要になるまでは靴下の出番もあまりないですね。

しかしいざという時のために、何枚か用意しておくと良いでしょう。必要な時を見極めて、上手に履かせていきましょう。