だんだんと暑い日が増えてきて、ついつい冷房に頼ってしまう時期がきました。

日中は冷房をつけっぱなしという日も増えてきました。夜中もつけているという人も、出始めてくると思います。

しかし、赤ちゃんにとって冷房はあまり良いものではないのでは?と気になることもあると思います。

身体が小さい赤ちゃんは、すぐに冷えてしまいそうです。

かといって、暑いのに冷房をつけないと熱中症やあせもなどが心配になりますよね。

今回はそんな夜の冷房や服装をみていきましょう。

スポンサーリンク

つけっぱなしでも

81fc7f70525148c085e5fc11308c0188_s

日中は熱中症に気をつけている人も多いと思います。

しかし体温調節ができない赤ちゃんは、夜でも熱中症になることがあるのです。

さらに赤ちゃんは夜中でも、大量の汗をかきます。

涼しい日は窓をあけてあげても良いのですが、どうしても寝苦しい夜はありますよね。大人も暑くて何度も目を覚ますということはあります。

赤ちゃんは大人より体温が高いので、さらに寝苦しいのです。

そこで役立つのが冷房です。

ただし、いくら赤ちゃんが暑がりだからといっても温度には気をつけましょう。28°など高めに設定し、冷えすぎのないようにしましょう。

そして冷房を切るタイミングです。

タイマーにして、また暑くて目が覚めたらつけるという人もいると思います。また、朝までつけっぱなしという人もいるでしょう。

これは個々の考え方のようです。

夜中は冷えが心配だからとタイマーを進める人。

赤ちゃんは体温調節が上手くできないから、つけたり消したりより一定を保つ方がいいという人。

色々な考えがあるので、赤ちゃんに合わせてあげましょう。

スポンサーリンク

冷房の注意点

冷房の使い方は紹介しましたので、注意点についても紹介しておきます。

まずは温度です。

温度は外の空気との差を5°以内にしましょう。

赤ちゃんには26~28°が適温です。

そして赤ちゃんが冷えすぎないような工夫も必要です。風量は弱にして、直接風が当たらない場所に寝かせましょう。

汗をかいたままだと、冷えてしまうのでこまめにふき取ってあげるようにしましょう。

また、床の布団よりベビーベットなど高い位置の方が冷えにくいです。

服装

赤ちゃんは暑いや寒いとは言えないので、服装には気をつかいますよね。

冷房がはいっているからと、厚着させるのはよくありません。一緒にいる大人を基準に考えてもいいかもしれません。

しかし、冷房がついてるところで肌が露出していると冷たくなりますよね。

なるべく露出は控えた方が良いでしょう。でも長袖は可哀想ですね。

私は上の子の時は、ロンパース型の肌着とパジャマのズボンを着せていました。

ロンパースならお腹はでないし、私が足が冷えると寒いと感じたためにズボンを履かせていました。その子にあった服装を探してみましょう。

まとめ

昔はなかった冷房ですが、今の時代なければ辛いですね。

子供には汗をかき外でいっぱい遊んでほしいと思いますが、冷房は必要です。

私も上の子が生まれてからは、今まで以上にありがたさを感じています。

便利ではありますが、注意しないと体調を崩す原因にもなりますので上手く使用しましょう。

私は長男は寒がり、長女は暑がりでなかなか上手い使い方がわかりません。

夏風邪はつらいので、冷房で風邪を引くことのないようにしましょう。