赤ちゃんはとってもかわいいですよね。

双子はその赤ちゃんが二人並んでいるのです。可愛さは倍どころではありません。

しかし双子でも似ていない双子もいます。良く耳にする、一卵性か二卵性かの違いです。

そんな双子の種類について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

一卵性と二卵性

744673f78fd7fa858750ece9204a2956_s

まずは大雑把な一卵性と二卵性の違いについて説明します。

一卵性とは一つの卵子に一つの精子でできた受精卵が、細胞分裂をしている時に二つに分裂して双子になります。それに対して、二卵性は受精が二つ同時におこって生まれます。

一卵性は同じ受精卵からなるので、遺伝的情報は同じです。

双子って一目でわかるような、瓜二つな双子です。二卵性は別の受精卵なので、兄弟と同じで顔も血液型も違っていてもおかしくありません。

私が双子を妊娠したときには、一卵性はまったくの偶然でおこる、二卵性は不妊治療などでできたりもすると言われました。

私は自然妊娠で二卵性を授かりましたが、叔母も双子を産んでいるために遺伝もあるのかもと言われました。

DDってなんのこと?

一卵性と二卵性は説明しましたが、双子の妊娠中はもっと細かにくぎられます。そこで良く耳にするDDです。

これは妊娠中のお腹の中での話になります。

赤ちゃんはお腹の中で、二重の膜につつまれています。絨毛膜と羊膜です。

単胎ならば一通りしかありませんが、双子はパターンがあります。

双胎妊娠はリスクがあるといいますが、DDなどでリスクも変わってくるのです。その種類について紹介します。

スポンサーリンク

DD

それぞれの赤ちゃんが2枚ずつ膜をもつ、2絨毛膜2羊膜のことです。

双子の中でもリスクが少ないと言われています。

二卵性は必ずこのタイプです。一卵性は受精後3日以内に二人に分裂するとこちらになります。

MD

1絨羊膜2羊膜です。

一卵性で、受精後4~7日以内に分裂するとこのタイプになります。

MM

1絨毛膜1羊膜です。

一卵性で、受精後8~12日で分裂した場合になります。双子のなかでもリスクを伴います。

一卵性、二卵性ではなく、この絨毛膜と羊膜によって双子のリスクがきまります。

ですから、妊娠10週前後に膜性診断を行うことが大切です。

私は産後の生理不順で妊娠に気づくのが遅く、一卵性か二卵性かも生まれてみないと分からないといわれました。

しかし男女の双子だったために二卵性だということがわかりました。一卵性はほぼ100%、同性です。

まとめ

自分が双子を産んでみないと、あまり知識も必要ないですよね。

私も双子を妊娠するまで、一卵性か二卵性がすべてだと思っていたくらいです。妊娠して、医師にDDだから比較的安心です、と言われても何のことだと思ったくらいです。

私は上の子もいたために、管理入院ももう少し、もう少しと伸ばしてもらい、結局しないまま出産しました。

双子は本当に妊娠中から辛いので、無理をしないようにしましょう。

赤ちゃんを守れるのはお母さんです!私みたいなダメな妊婦にならないように、安静に過ごしましょう!