生後半年もすると赤ちゃんの生活のリズムも整ってきます。

また乳歯が生え始めて、離乳食も始まってきます。

少しは育児にも慣れて楽になってきたと思えば、また一つ悩みがでてきます。

それは、歯磨きです。

乳歯といえども歯はとても大切です。虫歯にしないためにも、きちんと歯磨きをしてあげる必要があります。

しかしこの歯磨きで悩むママも多いようです。おさえつけられて磨かれて泣きわめく子も少なくないです。

今回は、赤ちゃんの歯磨きについてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

なんで嫌がるの?

00c692724a7e42e456128c9b581bdf59_s

歯磨きが苦手な子は少なくありません。歯ブラシを見ただけで泣いて逃げてしまう子もいるそうです。

しかし嫌がるには理由があるはずです。

体制が嫌!

しっかり磨いてあげなければ虫歯になると、押さえつけて磨いていませんか?

膝に頭を乗せて足で押さえつけて磨いているなどという人も多いはずです。そうしなければ逃げて磨けないという気持ちも分かります。

実際に私もそうでした。
しかし赤ちゃんは押さえつけられるのが、窮屈で好きではないのかもしれません。
歯磨きになると動けないと分かるから泣くのかもしれません。

磨き方が嫌!

素早く終わらせるために、ゴシゴシと磨いていませんか?

それで痛さを感じ泣いているのかもしれません。力を入れすぎで磨くのは良くありません。

大人でも歯茎が傷ついたら痛いです。当然赤ちゃんも痛いのです。

優しく丁寧に磨いてあげましょう。

「これだと少し弱いかな?」と自分が思うぐらいがちょうどよいと思いますよ。

または、こんなので綺麗になるの?というくらいの優しさでも良いかもしれませんね。

えんぴつ持ちで優しく丁寧に一本一本磨いてあげましょう。

また大きすぎる歯ブラシも歯茎に当たって痛いので、月齢にあったものを使用しましょう。

スポンサーリンク

口内の異常!

虫歯や口内が傷ついていたりして、歯ブラシの刺激で痛むこともあります。

なにか異常をみつけたら早めに、専門医に相談しましょう。

口内ケアの回数

ba7fb203dfae69a03043eb2dc2cc8344_s

大人になると寝起きや食後など、一日で数回歯磨きをします。

しかし嫌がり泣き叫ぶ赤ちゃんの歯磨きを丁寧に何回もとなると考えるだけでいやですよね。

実際に寝る前しかしっかりしてない、というご家庭もあるかと思います。

実はこの歯磨き、回数より時間が大切なのです。

一日数回するけど、一回30秒で終わりでは意味がないのです。それならば一日一回でも、数分した方が効果的です。

またうがいもしたいとこですが、赤ちゃんはできませんよね。

そんな時は食後にお茶を飲ませてあげると良いです。

お茶にはフッ素が入っているため、虫歯予防の効果があります。

まとめ

子供の歯磨きは本当に難関です。子供も嫌だろうし、親も嫌になってきます。

私も今、歯磨きで悩んでいる真っ最中です。

嫌な理由は色々あるにしても、一番はお母さんが笑顔で優しく磨いてあげることです。

毎日泣き叫ばれると、笑顔が一番大変ですが・・・。

歌いながらだったりと工夫をして、親子で歯磨きを楽しい時間にしましょう。