連日、暑い日が続いてますが体調を崩していませんか?

子供たちは暑さなど気にしないかのように、元気いっぱいです。しかし、それに付き合う親たちはぐったりしてしまいますよね。

暑いなか遊びまわっている子供をみると、熱中症が心配になります。けれど熱中症の他にも、夏はいろいろな病気が心配です。

先回紹介したプール熱もその一つですが、今回はっもっと身近な夏風邪についてみていきましょう。

スポンサーリンク

夏風邪ってどんなの?

夏風邪といいますが、普通の風邪とは違うのでしょうか。この二つはウイルスが違うのです。

夏風邪は暑さと湿気を好むウイルスで、風邪は寒さと乾燥を好むウイルスの仕業なのです。

夏風邪の症状は?

b3efafa9c88f3daf61f6e6ba0b3c7d78_s

37.5度くらいの微熱が続きます。これぐらいですと、「気温が高いから、体温も高いのでは?」と思い込んでしまう人もいるようですね。

しかし免疫力の低い子供は、高熱をだす場合が多いです。

痛み

のどの痛みや咳がでたりもします。また頭痛も起こることが多いようです。

お腹

夏風邪はお腹にくることが多いです。そのために、下痢や嘔吐を伴うことがあります。

(もちろん、冷たいものを飲み過ぎてしまっての症状とはまったくべつものです)

湿疹

夏風邪には湿疹を伴うものもあります。夏風邪のウイルスは主にアデノウイルスとエンテロウイルスの二つです。

このうちエンテロウイルスに感染すると湿疹の症状もでてきます。ちなみにこのウイルスは、手足口病を引き起こすウイルスでもあるのです。

普通の風邪の症状にでやすい、鼻水や鼻づまりは少ないようです。

スポンサーリンク

長引く夏風邪

夏風邪は長引くと良く言われます。その原因は夏の気候に関係します。

室内外の温度差が一番の原因になるのです。

暑い外とクーラーを効かせた室内の温度差で、自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れると免疫力が低下してしまうのです。温度差があるほど危険です。

免疫力が低下していると治りにくいですよね。また、治りかけのときに再び感染を繰り返し長引いてしまうようです。

予防策はあるの?

まずは基本の手洗い、うがいです。また夏風邪のウイルスは目かも感染するのもあるので、目を洗うのも効果的です。

目薬で洗い流すのも良いかもしれませんね。これは簡単にできることなので、是非実践してほしいです。

また夏風邪のウイルスは高温多湿を好むので、クーラーをかける前に一工夫しましょう。窓を開けて換気をし、ウイルスを逃がしてからクーラーをかけると良いです。

そしてクーラーの使い方にも注意をしましょう。温度差が一番の原因なので、あまり温度を下げすぎないようにすることです。

まとめ

夏風邪はツラいのでできれば避けたいですよね。

私も毎年のように引いて、夏は嫌いです・・・。暑いのに風邪はイライラしてしまいす。

大人でも辛いのに赤ちゃんは高熱もでやすいので注意が必要ですね。

夏だけれど熱があると寒いのかもしれませんが、喋れない赤ちゃんはツラいでしょう。その赤ちゃんをみているのも辛いですものね。

予防をすれば感染率も低くなります。しっかり予防して、楽しい夏を満喫しましょう。