子育ては理想通りにはいきませんよね。子供にも個性があり、親の思うままの子供なんてそうそういません。

時には怒鳴ってしまうこともあります。

楽しいことも嬉しいこともたくさんある子育てです。しかしその反面、壁にぶつかることも多いのが現状です。

今回はその中のひとつであろう、第一次反抗期についてご紹介します。

スポンサーリンク

時期っていつごろ?

e29b5ee001f1b3226122fc1a2d1ee3f6_s

「魔の2歳児」や「悪魔の三歳児」、「イヤイヤ期」などは聞いたことありますか?育児について調べると良く目にする言葉ではないでしょうか。

この2~3歳ごろが第一次反抗期の時期なのです。

本当に苦労するお母さんも多いようです。可愛い我が子を悪魔に例えるくらいですからね・・・。

なんでこのころなの?

赤ちゃんの頃は身体的に未発達な部分が多くあり、親などの手助けがないとできないことがほとんどでした。しかし、2歳を超えてくると体も発達してきた、自分でできる範囲が広がってきます。

それに伴い、自分でしたいという思いがでてくるとともに、自我も芽生えてきます。

そして「自分でしたい!」や「これはイヤ!」につながっていくのです。

また、自分でしてみたものも上手くいかずに癇癪をおこしてしまったりするのです。特に三歳の頃は、口も達者はなってきているのに、まだ聞き分けもあまりないので大変なのです。

スポンサーリンク

お友達との喧嘩も?

そして反抗期に伴いでてくるのが、喧嘩です。自我が芽生えてくるので、自分のものは守ろうという意識や、これで遊びたい!という思いも強くなります。

お友達とのおもちゃの取り合いはこのころが多いです。

お友達も使いたいからと説明しても、子供は頑固です。意地でも貸さない子もいたり、とられて泣き叫ぶ子も・・・本当に大変です。

対処方法などってあるの?

この第一次反抗期は半年から一年で治まると言われています。

一年もの間、イヤイヤが続くなんて親としてはたまったものではありません。しかし病気ではないので、もちろん薬などはありません。

だんだん治まるの待つだけなのですが、工夫次第で少しは落ち着くかもしれません。たとえば、「~して」や「~しよう」よりも、「~すれば~かも」など言い方をかえてみたりです。

うちには悪魔の三歳児がいますが、最近はお風呂が嫌!というのが多くあります。そこで、「お風呂いけばカブトムシがいるかもしれない!」と見に行かせるのです。

事前にカブトムシのおもちゃをお風呂に浮かべておくと、すんなり入ってくれます。以前は無理やり入れていたので、早くやればよかったと後悔しました。

反抗期がない子もいるの?

周りは反抗期に悩んでいるけど、うちの子にはそんなことないけど大丈夫かな?と思っている人もいるでしょう。ない子もいるようなので心配はないのです。

しかし、イヤイヤなど反抗的な態度ではなく、違う形でアピールしていることもあるそうです。

反抗的ではないけれど、どこかでアピールしているのかもしれません。よく子供の行動や態度を観察してみるのも大事ですね!

まとめ

本当に三歳児は悪魔って言葉がピッタリです。

うちの子が悪魔になった時は、「これがイヤイヤか!」と嬉しくなったのもつかの間、イライラの日々が始まりました。「これイヤ!あれもイヤ!」で、こっちがイヤだよ!と毎回思っていました。

しかし反抗期が訪れるということは、成長している証なのです。

イヤイヤで親もイライラしてしまいますが、少し余裕をもって接してみましょう。

でもやっぱりイライラはしてしまうと思いますが、子供と一緒に親も成長していけるといいですね。