無事に産まれて成長してくれる我が子。しかし大切な我が子だからこそ心配になることもありますよね。

その一つでもある障害。

産まれてから分かるものもあります。今回はそんな障害の中から、以前紹介した嘘と関係があるものを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ADHD

00d51f678e77c120489e68ea19cbd822_s

嘘を頻繁につくと、うちの子大丈夫かな?と思うこともあるでしょう。しかし、以前紹介した空想の嘘は小さいうちだけなので心配ありません。

今回紹介する、発達障害のADHDは分かりやすい嘘をつくことが多いのだそうです。

どんな障害?

発達障害の一つである、ADHDは良く目にするようになりましたが、どんな障害なのでしょうか。

ADHDは注意欠如多動性障害といいます。WHOでは多動性障害です。多動性、衝動性、不注意が基本症状です。

細かいことに注意が払えなかったり、物事を途中でなげだしやり取ることができないや、忘れ物が多かったりします。

またじっとしていることが苦手で、せわしなく動き回ったり、身体の一部をくねくね動かしたりします。

物事の先行きを考えずに、衝動的に行動をしてしまうのも特徴の一つです。そして嘘をつくというのもあります。

スポンサーリンク

なんで嘘をつくの?

ADHDの人は自己評価が低く、人と信頼関係を築くことが難しいのです。

そして自己評価が低いため、他の人と対等にいたいと嘘をついてしまうようなのです。

どんな嘘をつくの?

自分にとって良い嘘ではなく、無駄な嘘の方が多いようです。また自分を正当化するために、コロコロと意見が変わることもあるようです。

このことからも、信頼関係を築くのは難しいかもしれません。

演技性人格障害

どんな障害?

代表的症状は、ありえないほど多い嘘です。小さい嘘だけではなく、芸能人と知り合いやものすごい大金持ちなど、信じがたい嘘も平気でつきます。

また芝居がかったセリフをしれっと言ったりもするようです。

若く、外交的で人とかかわるのが好きな人になりやすいです。患者の9割が女性といわれています。

なぜ嘘をつくの?

自分で自分の存在を認められないために、どんな嘘をついてでも周囲に認められようとするのです。

人の注意をひきつけて、自分中心の世界にするために必要なのが嘘なのです。女性は男性よりも自分の立ち位置や、人の目を気にするので、女性患者が多いのでしょう。

まとめ

私はADHDはに関しては知っていましたが、演技性人格障害は初めて知りました。

嘘ばかりつく人は、ただの虚言癖かと思っていましたが病名もあるのですね!ADHDは他にも症状があるので、比較的わかりやすく、治療も受けやすそうですね。

演技性人格障害は知らない人にとっては虚言癖だと思い、嘘の多さにイライラしそうですね。

気になったら早めに専門家の意見を仰ぐのも良いでしょう。ADHDも嘘をつかない人もいるので、しっかりした回答があればスッキリしますよね。