何よりも可愛い我が子。ずっと手元において成長を見ていきたいですよね。

しかし現実ではそうもいかないこともあります。

成長するにつれ、親の手元を離れることも大切になってきます。そこで最初の門でもある、保育園や幼稚園についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

どう違うの?

8a53745544f1c526b9aad03896a9a7e0_s

保育園

保育園は、事情があり家庭で保育できない場合に保育を行う児童福祉施設です。管轄は厚生労働省で、児童福祉法が適応されます。

0~5歳が対象ですが、入園できる年齢は各園で結構異なります。

基本的に8時間保育ですが、延長もあります。午後5時までが基本で、7時までの延長保育が多いようです。都市部では9時まで延長してくれる園もあるようです。

休日は土日と年末年始ですが、土曜日や年末の保育を行ってくれるところも多いです。

トイレトレーニングや歯磨きの習慣付けなどの、生活習慣も身につけさせてくれる。給食制でおやつもあり、お昼寝の時間も決められている。

自由遊びの時間が多く、お散歩なども良くあるようです。申し込みは所在地の市町村に行います。

幼稚園

管轄は文部科学省で法律は学校教育法が適用されます。

このことからも分かるように、学校として扱われます。

早期の教育や、小学校受験を目標にしている幼稚園もあります。満3歳になったら入園できる園や、年度途中で3歳になる子が入園できる園など様々です。

午前9時~午後2時ごろのところが多いようです。延長保育は午後5時ごろまでのところが一般的です。

学校なので、夏休みや冬休みもあります。給食かお弁当かは、各園の方針によって異なります。混合のところもあります。

また、トイレトレーニングなどは基本的に行ってくれません。オムツが外れないと入園の許可がでない園もあります。

申し込みは直接、幼稚園に行います。

スポンサーリンク

先生も違いがあるの?

保育園の先生に必要な免許は保育士資格証明書です。

それに対して幼稚園の先生は、幼稚園教諭免許状というものが必要になります。

これは教員免許の一種となっています。

また、勤務形態も異なります。

保育園は保育時間が長いので、早番などのシフト制です。幼稚園はほぼ固定勤務だそうです。

学力にも差がつく?

幼稚園は学校の一部ということで、勉強をするところとなります。

お受験なども流行っていますが、それも全部幼稚園ですよね。やはりそういったところに力を入れている幼稚園は、他よりは学力が高いのかもしれません。

小さいうちから受験をし、将来に繋げようと努力しているのです。それなのに他と変わらなければ意味がないですしね。

名門幼稚園などは、できる子が多いのかもしれませんね。

しかし田舎の誰でも入れる幼稚園はだとまた違ってくるでしょう。私自身も幼稚園に通っていましたが、保育園の子となんら変わりはありません。

大人になって保育園の話を聞いても、お昼寝があるくらいで違いはあまり感じませんでした。幼稚園と保育園で違いがあるのではなく、名門幼稚園と他という区別でもいいかもしれませんね。

費用ってどのくらい?

保育園の費用は、両親や同居の家族の収入で変わってきます。また未満時は少し高めになります。

しかし兄弟で保育園に通っていると、二人目は半額、3人目は無料になります。

幼稚園は公立か私立によっても変わってきます。平均を見ると、公立は15.000円、私立は36.000円ぐらいだと言われています。

収入によりますが、幼稚園のほうが安くなる場合もあります。

まとめ

幼稚園、保育園は悩みますよね。私のところは田舎で、保育園しか近くになく選択肢はありませんが・・・。

田舎だとどちらでも変わりはないですが、都会は大変なんだろうと思います。私にはお受験など縁のない言葉です、頑張っている親子はすごいと感じます。

特に私立の幼稚園はお金の面も大変だと思うので、やはりお受験校はセレブという感じがします。親がここ!という気持ちも分かりますが、子供がのびのびと過ごせることが一番ですよね!

大切な我が子を預ける場所なので、じっくり考えてみましょう。